2013年05月28日

5月料理教室開催しました

白インゲンクロステーヌ.jpgごぱんの会 人参ぽターっじゅ アマランサスクラッカー.jpgアマランサスパスタ.jpg5月料理教室.jpg
この土曜と月曜に開催した穀菜食料理教室
菜飯は 菜っ葉の塩加減 高野と切干は乾物の下ごしらえでお味が 精進うなぎは素材の合わせ加減 蓬餅は野草の扱い方と男性向け 女性向けの作り方の違いで 美味しさが決まるポイントをご紹介しました。

日曜日のごぱんの会は
ミネラルの多いアマランサス!独特の香りがねーーと疎遠になりがち。でも ちょっとしたことで美味しくいただけます。見た目 お味 食感 たらこのスパに大変身。そして ウエハースを思わせるさくさくのアマランサスクラッカー 人参にスパイスをちょっと使いポタージュ 穀菜食でもご馳走として登場しるバルサミコをふんだんに使った白インゲンの甘さが引き立つマリネをご紹介しました!
来月は 
石窯でピッツアです
人気のメニューなので ご希望の方はお早めにお申し込みおすすめします

posted by ごぱんの会 小山楓代 at 09:00| Comment(0) | 日記

2013年05月09日

5月の料理教室献立

25.27日の穀菜食料理教室の献立
おばあちゃんの菜飯
(急に気温が上がったとき 美味しく玄米をいただけるご飯)
切干大根と高野の煮物
(高野豆腐の美味しい戻し方と切干大根の甘さを引き出す煮方)
精進うなぎ
(簡単で美味しい)
おやき
(穀菜食には かかせない料理)
草餅
(小豆も丁寧に炊き上げます。まだ 今年はよもぎが摘めます。生のよもぎで!)
お汁
(出汁の引き方)

26日のごぱんの会今年はお友達の小梅が 寒さで不作!
なので 小梅漬けは残念ながら中止になります
アマランサスの使い方 リクエストにお応えして アマランサス料理にしました
・アマランサスのスパゲッテイ
・アマランサスサクサククラッカー
・白いんげんのクロスティーニ
・人参ポタージュ
posted by ごぱんの会 小山楓代 at 14:41| Comment(0) | 日記

2013年03月20日

2013 料理教室ご案内

お待たせしました!
今年の冬は 寒さ厳しく 活動開始が遅くなりました
本年は 毎月第4金土日に開催いたします
が 第1回目 4月は 第4がゴールデンウイークに入るため 第3です

昨年と 少し講座の方法がかわります それに伴い 会費も変更しました

2013穀菜食料理教室 
  料理をとうして 陰陽と理論をお話します
会費4800円(10回前納の方 割引あり 1年間10回で 基本 応用をお伝えします)
 4月20日 15:15〜18:30位
           または
 4月22日  9:30〜12:30位

テーマ 「穀菜食 毎日の食事調理の基本」
 玄米ごはん       (圧力鍋と土鍋炊き)
 のりの佃煮        質の良い海苔をふんだんに使う基本食
 おこと汁         お出汁のひきかた 根菜の扱い方 汁にいれる味噌の扱い方
 野草の胡麻和え      野草の扱い方 胡麻の下調理
 たんぽぽコーヒーゼリー  寒天の使い方 たんぽぽコーヒーについて 甘味の使い方

 5月25.27日     梅雨の食事 
 6月22.24日     初夏の食事  
 7月27.29日     夏野菜の料理
 8月24.26日     晩夏の食事
 9月28.30日     初秋の食事
11月16.18日     立冬の食事
12月 7. 9日     冬本番の食事
 1月11.13日     新春の食事
 2月 1. 3日     春に向けて



ごぱんの会 ご馳走料理 会費5500円
昨年までは お菓子をひとり 1単位(ケーキ1台持ち帰り+試食+軽食)でしたが
本年は ご馳走献立になります。
こちらは 2名からの開催です

4月21日 14:30〜18:30
 ベジラーメン
 ニラ饅頭
 春キャベツ甘酢サラダ
 杏仁豆腐
 
 5月26日 小梅漬け 梅料理 生麩まんじゅう 小梅漬け持ち帰りは別途実費
 6月23日 石窯ピッツァと豆煮込み料理
 7月28日 スパイスカリー チャパテイ 他 
 8月25日 ミートソース料理とサマープディング他
 9月29日 雑穀ピロシキとボルシチ 他 
11月17日 南瓜の食事パイ 南瓜プリン 他
12月 8日 セイタンストロガノフ テイラミス 他   
 1月12日 ワンタン 月餅 他
 2月 2日 自家製酵母鍋焼きパンと雑穀シチュー タプナード


お節作る会
12月29 30日







posted by ごぱんの会 小山楓代 at 20:23| Comment(0) | 日記

2013年01月21日

春合宿のプログラム

今日は 少し 寒さが和らいで 過ごしやすですね
春合宿のプログラムができました
ご参加のメンバーにより また 当日の天気 皆さんの様子で 少し変えることがあります。


ごぱん穀菜食合宿スケ2013春02.pdf

春合宿のプログラムができました
ご参加のメンバーにより また 当日の天気 皆さんの様子で 少し変えることがあります。

2日目の講座
わたなべさんのブログがあります
ご覧ください!
野山には(都会でも)いろいろな蔓がありますね。
なにか 編んでみれるのかしら!編んでみたいと思ってみても どの植物が良いのかさっぱり分からず また 研究するずくもなく 。。。。。
そこで わたなべさんに 伝授していただこうと お願いしました
蔓が どれほどあるか その時にならないとわかりませんが ほかにも 野山のものをつかって
実用品が作れるそうです。
なにを つくれるか!当日のお楽しみです。

わたなべさんのブログ
http://www.hatena.ne.jp/musikusanouen/
posted by ごぱんの会 小山楓代 at 11:38| Comment(0) | 日記

2013年01月08日

大森一慧先生講座(八ヶ岳高原 春を楽しむ合宿)

マクロビオテック・穀菜食生活 50数年大森一慧先生から学ぶ
戦後 現代栄養学が広まり60年、今 昔ながらの日本の食事が注目されています、      50数年の お子様と人々の様子を目の当たりにして進化させ続ける一慧先生の穀菜食を    みなさん学びましょう。しっかりした心身は 各家庭の台所から。

3/29(金)〜31(日)   

今回は 30日は 早朝から知給自足生活の渡辺さんファミリーの白州の農場で お世話になります。
    盛りだくさんの 農場は わくわくどきどき ですよ
    昨日 打ち合わせに行き あーー一日では 足りない!という位です 

    午後すぎからは 一慧先生の日常に使う手当法講座。 

29、31は 散歩以外に 一慧先生の講座です

この合宿の目的は 自然の中で 時間を忘れるほど 食べることを忘れるほど 動き 
学び 気がついたら 体がリセットされていた!です
そして その時間の流れの中で 一慧先生の智慧と経験を肌で感じていただくこと。
穀菜食の子供たちに 食べることを気にせず 三日間 楽しんでほしい ということです。

子供たちは 森の幼稚園主催の方と 穀菜食育ちのお兄さんお姉さん 穀菜食子育て中のお母さんが
担当です。
お焼き うどん 豆腐 羊羹 など 穀菜食の日常では欠かせないシンプル美味しい料理を子供たち自身が作ります。
もちろん 八ヶ岳高原の自然の中でも 遊びます!


 
  体を沢山動かして 穀菜食での食事の取り方 バランスのとり方を習得、体感できます。

  申し込み締め切り 
  第一弾 3月5日
  お申し込み後 アンケートをいただきます それに 伴って
  合宿内容を 吟味いたしますので 参加ご希望の方は早めにお申し込みいただくと
  より 充実した合宿となります。

  第二弾 3月25日(定員になり次第締め切りになります)

詳細2013春合宿案内02.pdf

  
       一日参加も可能です 費用など お尋ねくださいませ。


ハート費用 
散歩や自然農場への移動費 各プログラム代 食事6食(+子供はおやつ)野外活動団体保険料
宿泊費は2泊 温泉入浴料込(市営温泉併設施設 又はペンション。部屋の都合で相部屋になる場合
があります。個室ご希望の方はお申し出下さい)

大人                   34000円 +宿泊10000円 
大人 子供の付き添い(一慧先生講座無し) 22000円 +宿泊10000円
中学以上の学生              25000円 +宿泊10000円

幼小                   22000円 +宿泊7600円(添い寝0円 
3歳以下                 12000円 +宿泊6000円(添い寝0円 
 
おっぱい100%の子供           無料   
 離乳食など食事必要の場合 ご相談下さい 
         
 *ご家族参加で宿泊費除いて 合計100000円以上になる場合 割引あります

  ☆宿泊はご自分で手配くださっても良いですし 近隣の方は 通いも可能です。       
 申し込み / 会場  

 organic café ごぱん 0551−38−0372 
 〒409−1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240−1677
                          
JR小海線甲斐大泉駅(中央本線 新宿〜小淵沢 小海線に乗り換え 2駅)
より徒歩20分

中央道長坂インター または 小淵沢インターより 車で約20分

 お問合せ 予約    電話・FAX0551-38-0372          
 O       rganic caféごぱん   小山楓代
posted by ごぱんの会 小山楓代 at 13:20| Comment(0) | 日記